冠婚葬祭note

冠婚葬祭の豆知識を紹介しています

冠婚葬祭の冠とは何なのか

without comments

冠婚葬祭の冠とは、成人式を表します。
昔は、15歳になると元服をしますが、冠を頂くから来ています。
その為、当時は、15歳の時点で成人の儀を行っていましたが、現在では、選挙権が認められる二十歳を成人として、一月の第二月曜日に成人式を各市町村で執り行われます。
成人式は、成人となった事を祝うために行われ、昔で言う、儀式のような大切なイベントの為、男性は正装を行い、女性は、振り袖を着て式にのぞみます。
明治時代、大正時代は、封建主義旺盛な時代には長子の元服となると家柄によってはとても大切な一大イベントであり、 社会的地位のある家柄の場合には、親類縁者からは、お祝いの品々が送られている程のお祝いであり、人が一人、大人となるという事は、社会的地位のある家柄の場合には、とても重要であり、当主となる可能性のある方の成人の祝いには、様々な品を贈りました。
その為、現在でも、お祝いとしてお祝いの品を贈るという風習が残っています。

Written by CaP5BsFb

8月 13th, 2014 at 1:00 am

Posted in